読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うりこま

連れてって 君を ね

DREAM BOYS 瑞稀くんまとめ

DREAM BOYS 2016
9月3日から帝国劇場で始まった、DREAM BOYS。
瑞稀くんの出番と、覚えている範囲でのストーリー。
(ネタバレを多く含んでいます)


-1幕-
Prologue 公園のベンチ
幕があき、白いベンチに下手から
瑞稀くん、優斗くん、涼くんで立っています。
瑞稀くん青いパーカに白いトップスです。
ユウタ、ケント、トシヤの幼少期ということでしょうか?
ベンチが思い出の場所のようで、優斗くん、涼くんのセリフ後に
瑞稀くん「みんなで絶対集まろうな、このベンチで!」


1、オープニング
Next Dream
ここからキスマイ3人でてきます。
そのとき、瑞稀くんはステージにできた空洞部分から降りていくのですが、
すごく小さくしゃがみながら移動してたのが見えてかわいかった…(2階席でした)
キスマイ3人とらぶ。(真田くん除く)
フライングもあったり、衣装もキラキラですごくきれいでした。


2、ボクシング会場の控室
試合前にもかかわらず、ユウタが来ない。
らぶがびびっちゃってんじゃねーの。って言ってるところにユウタが入ってくる。
新人王になっても大金が入らないから棄権するというユウタ。
金のためだなんてユウタらしくないというトシヤ。
なにかすぐに金になるものはないかと切羽詰まったようなユウタ。


3、オーディション
オーディションをしたが、いまいちいい人材がいなかったとぼやくマダム。
トシヤがもう一組お願いします!で、入ってくるJET BOYS。
♪オーディション(JET BOYS)
中央階段1番上に瑞稀くんいます。
衣装は白いスーツにメンカラ?で緑のリボンに157番のゼッケン!
本当にオーディションっぽいので短いです。
マダム「明日からレッスンしに来なさい」の一言で喜ぶ5人。
瑞稀くん「本当ですか!?よっしゃあ…(ガッツポーズ)」


4、半年後


5、撮影所
ユウタ主演でボクシングの映画を作ることに。
♪One Night
上手のユウタ寄りで瑞稀くんおどります。
裸に厚めのベスト?を着て踊るんですけど、
正直パンチは弱そうでした…(笑)
でも、腹筋ちゃんとわれてましたよー
途中でケントとらぶの邪魔が入り、撮影は中止よ!とリカさん。


6、桟橋
ユウタが歌っているところにハモってくるリカさん
撮影が中止になって残念ね。と言いつつなんだかうれしそう。
そこにトシヤが入ってきてマダムがケントを説得できたら
撮影再開できるようになんとかすると言ってくれたと。
その言葉を聞いて、飛び出すユウタ。
残されたトシヤに対してマダムとユウタの関係知りたくない?と問いかけるリカさん。


7、ケントのジム
カイトがケントのジムで練習をしている。
カイトはスタミナが足りないからロードワークに行ってこいと言い、カイトが抜ける。
ここのケントとらぶの曲めちゃくちゃかっこいいです。
曲終わりでバテバテならぶに対して、お前ら口だけか!と喝をいれるケント。
そこにユウタが入ってくる。撮影を続けさせてくれと土下座するユウタに茶々をいれるらぶ。
ケント「そこまで言うんだったら俺と試合をしろ。勝ったら撮影を続けさせてやる」
トシヤ「ユウタはあれ以来リングに立っていないんだぞ!」というやり取りの中、
ユウタはケントとの試合を引き受けることに。
試合のプロモートはリカさんが引き受けることに。


8、マダムのオフィス
ユウタもケントも頑張ってる!俺も頑張らなきゃ!とトシヤ。
急に周りのお姉さんたちが上着を脱ぎ始めて、踊り始めます。
♪ビューティフルデイズ
瑞稀くんは上手から入ってきます。緑のパーカ。
優斗くんと肩くんだりしながら、トシヤの踊り見てます。

♪Welcome to my Home Town
朝のニュースで見たときから絶対かわいいなって思ってましたけど、
生で見るこの曲の破壊力すごかったです…
瑞稀くん、本当にニコニコでアイドル!!!!って感じでした。
曲中でロン宙してました。どんどん高さ増してるなという印象。

そのあとリカさんになにか物足りないのよねと言われると
みんな「うーん…」って悩むんですけど、瑞稀くん腕組んで
「うーん…」って悩むのかわいすぎか… あざとい…

(7日昼公演)
で、ここでトシヤが「お前ら楽屋で漫才やってたじゃん!」と言われ
猪狩くんと優斗くんが「ハイ、どーもー!」って漫才はじめます。
基本瑞稀くんはうしろでニコニコしながら笑ってます。
二人の漫才は結構うけてました…(笑)
猪狩くんめちゃくちゃ早口でよく噛まないで話せるなって感心するレベル。
リカさん?に、漫才の練習してるんじゃないわよ!もっと他のこと練習しなない!って言われて
てへへ…って感じで首さわりながら照れる瑞稀くん。かわいすぎか。

(24日夜公演)
ここで、なにかやったことないことをやろう!と言い出して、
瑞稀くんと優斗くんでディアボロをやります。
最初は下手にいる瑞稀くんが転がした後に、上手にいる優斗くんに投げてキャッチ。
そのあと、階段を使って下にいる優斗くんが階段上にいる瑞稀くんに向かって
真上に投げる。1回目は失敗で、宮田くんにもう一回と言われて2回目で成功。
最後に瑞稀くんが「大技があります!」と言って、下手から投げたのですが、
優斗くんがひもをひとつにしてキャッチしようとしたところ、失敗。
このあとうまく、宮田くんもやったことないやつやってみてとリカさんにふられて
仏の顔もサンドイッチを披露していましたが、一部のファンに大ウケでした。


9、公園のベンチ
ユウタが一人でいるところにトシヤが。
そろそろなんでそんなに大金が必要なのか教えてくれ。
なんか、おかしいぞ!と言われてしまうユウタ。
(ちょっとここらへん曖昧)


10、試合前の控室
マダムがこんな試合今すぐやめさせて!
やめさせてくれるんだったら事務所をあげてもいいわ!という言葉に
なにかを企むようなリカさんの表情。手には薄い鉛の板。
それを受け取る真田くんの顔が怖い。

玉森くんが2扉からS列前を通って、23-24通路を使って入場します。
その後ろに瑞稀くん。玉森くんが脱いだローブ?ガウン?を落とさずキャッチ。
そのまま、下手舞台袖にぽいっとします。


11、試合
ハイハイの4人は下手でトシヤと一緒にユウタを応援します。
途中で、優斗くんのパーカをつかんだりして力入ってました。
「ユウタ落ち着いて!」って応援する声聞こえてましたよ~
勝者はユウタ。
ユウタに駆け寄り「おめでとうございます!」と祝福。わんこみたい。

しかし、ユウタのグローブに鉛が入っていた。
スクープだと駆け寄るパパラッチを追い払う瑞稀くんと猪狩くん。
瑞稀くんはカメラマンの腕を押したりして、そのまま下手にはけていきます。
カメラからフラッシュたかれててまぶしいだろうなと思ってしまいました。

マダムがこのままでは誰も聞く耳をもたないからしばらく身を隠してなさい。
仮面の世界に身を隠すのよ。と、仮面を渡します。


12、廃墟の芝居小屋
おそらく5扉かららぶと瑞稀くん入ってきます。23-24通路通ります。
O列あたりで突き飛ばされたり、引き返そうにも戻れないし見ていて心痛む瞬間…。
そのまま舞台に上がって、ユウタの居場所教えろよ!ってらぶにどつかれる瑞稀くん。
瑞稀くん「(ユウタの)居場所教えたら乱暴しないって言ったじゃないか!騙したのか!」
モロ「うるせえんだよ!!!」←これめっちゃ怖い
萩谷くん?「騙されたお前が悪いんだよ!」
どつかれます。突き飛ばされます。うずくまります。
らぶが、芝居小屋に入ろうとすると
瑞稀くん「あの中に入っちゃだめだ―!」と、追いかけます。


13、芝居小屋の中
小屋の中にユウタと安井くん。
チャンプの仇をとる!と言って、ナイフで刺そうとします。
ユウタともみ合う。そこに、カイト登場。
もみ合ってる中でカイトがナイフを持ち、そこに安井くんがきて、
安井くん刺されます。愕然とするカイト。
ユウタがすぐにカイトからナイフをとりあげ、お前はなにもしていない!とかばいます。
そこに、みんなが入ってきてはたから見ればユウタが安井を刺した状況。
瑞稀くんは自分が居場所を教えてしまったから、この状況になったことを思ってか
両手をぐーにして、ぎゅーっと握っていました。表情もつらそうだった。
ユウタが警察に連れていかれるときにカイトが発作を起こす。

ユウタが全部背負ってやる(?)と言って、赤い布をまといながら舞台下に飛び降り1幕終了。


-2幕-

1、苦悩の逃亡
映像とリンクしてビルの屋上を逃げているかのように見せるシーン。


2、テレビ局
♪DREAM BOYS(デビューVer)
カイトが倒れたままやるなんて自信がないよ…というハイハイのもとに
無理をしてきたカイト。そのまま、本番が始まります。
瑞稀くんのメンカラは黄緑で、最初のオーディションとは違う衣装です。
ローラー履いてるのに、スタンドマイクもローラーついてて衝撃。
アイドル!って感じでこちらも、すごくキラキラしています。
テレビ局の収録をイメージしているからか、中央モニターには
歌詞つきで映像が流れていますが、はめこみです。
舞台上の瑞稀くんめっちゃ茶髪なのに、映像の瑞稀くん黒髪でした(笑)
1曲歌い終わると、カイト倒れます。そして、病院に搬送されます。
このとき、カイト!カイト!って瑞稀くん言うんですけど、めっちゃ揺らしながら言うんで
そんな揺らしては、倒れた体によくないのでは…と思いながら見てしまいました。


3、ケントの病室
ユウタがなぜあんなことをしたのか。
いや、ユウタがするわけないと葛藤するケント。
そこにカイトが入ってきて、もうよくならないんだとこぼす。
そんなことを言わずに、早く治してボクシングまた練習しようなとグローブを渡すケント。
このままじゃいけない、俺が真実を暴く!と点滴ぶち抜いてどっか行っちゃうケント。


4、大都会
ケントが病院からいなくなったことを知り、探すらぶ。


5、街の路地裏
逃げているユウタの元にマダムが。
ここでマダムとユウタとリカさん、そしてカイトの秘密が明らかになります。
親の都合に俺らを巻き込むな!とユウタ。
そのとき、追い手に見つかってしまい、早く逃げなさい!とマダム。
ユウタを撃とうとした銃弾?がマダムにかすります。
「母さん…!」と駆け寄るユウタに対して早く逃げなさいと繰り返すマダム。
子供のためならなんだってできるとの話にリカさんもうなずき、二人で逃げます。


6、廃墟の芝居小屋
こんなとこに呼び出してなんだよって感じのらぶ。
ユウタのこと信じられない感じのトシヤ。
そこにケントと安井くんが入ってきます。
安井くんが本当は自分がユウタをさそうとしたこと、
カイトが持ってしまったナイフを取り返そうとして刺されてしまったことを話す。
グローブには鉛が入っていなくて、あのときグローブに触ってた真田が犯人だ。
真田は、自分じゃなくて計画を立てたのはリカさんだと言う。
リカさんは自分が真田にお願いしたと話し、謝る。
ユウタへの誤解がとける。


7、公園のベンチ
最初に出てくるベンチと同じものです。
3人がお互いの誤解もとけ、
それぞれがこれからに向かってがんばろう!と話していると、
急にケントがユウタにもたれかかり、二人が呼びかけてもケントは返事をしません。


エピローグ
ユウタとカイトの曲。
天国のケントに向かってというフレーズが入ってました…。
二人が歌い終わると、幕に「Fin」と書いてありました。


Show Time
ハイハイ出てきません!
名前の紹介もありません!
三方礼もありません!


以上。大体2時間45分くらい。
私自身がドリボを初めて見るので、どういうストーリーなのか全くわからない状態でした。
ストーリーのあいている部分に関しては、2回目の観劇で埋めたかったのですが、無理でした!

瑞稀くんがどのタイミングで出るかとかも聞いていなくて
「らぶに脅されて騙される瑞稀」というレポのみ友達からもらってました。
正直、思った以上に出番はなかったなという印象です。
それでも、劇中でJET BOYSとして出てくるところはキラキラのアイドルで、
パンフレットでは稽古が好きだから舞台の仕事がすき!とか
こういう気持ちなのかな?と想像ふくらませる時間もすき!とか
話してくれていたので、そう思いながらやっているのかと思うと、
こちらとしてはとても嬉しい気持ちです。

「あの子気になるな」と思ってもらいたい瑞稀くん。
ドリボを通して、文字通り瑞稀くんのことが気になる!って方が増えてほしいです…!
あと、共演されているアクロバットのお兄さん方から技を教えてもらいたい!と意気込んでいたので
ぜひその道のプロの方から直々に教わって、披露してくれたらいいなと思います。

でも最後のフィナーレというか紹介はハイハイいてほしかった…
白い衣装に金色の装飾がされていて、いかにも舞台の衣装っていうのがすごく羨ましくて。
ショータイムも出てほしかったな…。きっと笑顔でやってたんだろうな…。
なんて思ってしまうと、ハイハイがいない舞台上と4人の名前が出ない画面を見ていろいろと考えてしまいました。

もちろん、幕間を使って日生劇場での少年たちも良かったのですが、
あちらは3分ほどの出演でもきちんと名前が出ていてその差…ともなりましたけど、
いずれにせよ、両方の劇場を行き来する4人はすごいなとただただ思うばかりです。

いつか、瑞稀くんが真ん中に立てたらどうなるんだろうな~
帝劇でネクドリ聞きたいな~なんて思いました。



おまけ
猪狩くんと優斗くんの漫才は
いが「はいどーもー!ぴちぴち中学生の猪狩です!」
ゆう「高校生の高橋ゆうとでーす!」
いが「いやー青春っていいですよね。部活動とかやったり」
ゆう「部活するなら野球がいいな!」
いが「あー、いいですね、3年間玉拾いだったのに甲子園いったら“俺に打たせてください”って土下座するやつね!」
ゆう「どんな偏見だよ!俺は、ピッチャーでエースがいいの!俺がみんなを甲子園に連れていくの!」
いが「連れていく?いや、部員一人が60キロだとしても相当重いことになるよ!?」
ゆう「物理的な話をしてるんじゃないよ!」
いが「いや、でもね甲子園に行きたい人なんてどれくらいいると思います?人差し指で数えたら両手じゃ足りないですよ!」
ゆう「なんで人差し指で数えるんだよ、もういいわ!どーも、ありがとうございました~」
って感じで、結構クオリティ高かったです。